« ねむいネン・・・ | トップページ | 太陽が・・・ »

あれは・・・

何処の山やったんやろ・・・たしか茨木インターらへんから上がっていったんは憶えてるねんけど・・・  男4人で何のあてもなく 一台の車に乗り込み山を走らしていました 夜中の1時は過ぎてたと思います 一人のツレが滝を見に行こうと言いだしました ええスポットがあるらしいです 「ええけど、どんなとこやねん?」 「おお!神社の境内の横に獣道があってな、そこをずっと上がっていったら山の上のほうに滝があるねん!」 とりあえず皆んな行こうということになって、夜中の山道をツレの適当な記憶をたどりながら、迷いながらも目的の神社に着いたのは夜中の2時くらいだったと思います そこは結構おおきな神社でとりあえず車を停めて、境内の横にある獣道にむかいました そこから四人で登っていったんですが 途中、道の脇にぽっかり穴があいたように空き地がありました 「おい!しょんべんしようぜ!」男4人 並んでつれションです・・・ しおわってから気づきました「おい!これ倒れた鳥居やんけ!」 男4人鳥居に向ってかけてたんです・・・ 僕ともう一人のツレは引き返す事にしました・・・なんか胸騒ぎがしたんです・・・ あとの2人はせっかくここまできたからとマタ山道をのぼっていきました 先に車まで戻ったツレと僕はたばこを吸いながらまってたんですが・・・一本も吸い終わらないうちに山からつれが帰ってきました・・・「えらい早いやんけ!どうしてん?」 「おう!なんかおかしいねん!へんな音がするねん!」・・・かなり離れた所からツレのほうに向かってその音が近づいてくるような・・・山の暗闇から・・・ ツレはかなり気持ち悪がって、境内で手を合わせてくるといい僕たちは車のほうからボーっとそれを見ていました・・・すると手を合わしているツレの横に神社のお坊さん?がきて何か言われてます・・・ ツレが戻ってきた時「おい!今なに言われててん?」 「何がやねん?」「今ぼんさんになんか言われてたやんけ!」・・・ツレはマジにそんなぼんさん知らんと言います・・・みんな何か得体の知れないものを感じ 急いで車に乗り込みエンジンをかけライトつけた瞬間でした「うをあ~!!なんじゃこれ!!」・・・フロントガラス・リヤウィンドウ・・・車中のガラスに赤ちゃんの手形がビッシリとついてたんです・・・・・・僕たちは急いで車を走らせました!神社を見上げた時、すごい数の水子地蔵が目に入りました・・・山を降りてから自動販売機の並んだ明るいところで僕たちは必死で手形をふき取っていました・・・  ・・・・たしか茨木から箕面方面に向かう途中にその場所はあったとおもうねんけど・・・   とみえもんの不思議体験はマダマダあるんで時々きがむいたら書きますm(__)m

|

« ねむいネン・・・ | トップページ | 太陽が・・・ »